世界に一つだけのソファー探してみましょう!
オリジナルTシャツの店 2Yama
   
  • HOME

  • ソファの高さ

  • バランス1

  • バランス2

  • 注意点

  • HOME

    ソファのサイズ

    ソファを甲と思った場合、重要なポイントはそのサイズだと思います。
    ですが、カタログなどを見てみると、このサイズの表記がよく分からずに苦労します。

    たとえば1pなんて書かれていても、初めて家具を買う人、
    ソファを買う人にとっては何のことかさっぱり分からないという人は結構多いと思います。

    その他にも、座面の奥行きが○○cmって書かれていても、
    それが広いか狭いかもよく分からない、写真を見るだけじゃ分からないですね。

    サイズは重要なポイントでありますがあまり重要視していない方もいますので、
    ここではサイズ選びを失敗しないようにするために、ソファのサイズのことについて紹介していきます。

    サイズの記号

    カタログには頻繁に目にする1p、2p、3pなどという表記。
    まずはこの説明をしますと、pという文字は、pieceの頭文字からきています。

    この意味としては区画や区切りのことで、そのソファがいくつで構成されているのかを表しているわけです。
    ところが、ソファって本体の下の部分はわけられてなくて、本体の上の部分では分けられています。
    これも区切りに入っていて、簡単に言うと、そのソファが何人掛けできるのか、という表記だということです。
    2pは二人掛けできるソファということになりますね。

    ソファの高さ

    ソファには、フロアソファ、ローソファ、ハイソファといって、床からどの程度離れているのかがわけられています。
    一番低いのがフロアソファになります。これは床に本体がついているソファのことです。
    その次がローソファ、そしてハイソファ、という順番で高くなっていきます。
    ハイソファの高さがもともとのソファの高さだったのですが、いろいろな高さのソファが出てきたために、
    この高さをハイソファと呼んで区別しました。

    ソファのいろいろなサイズをcmで表記しているところもありますが、そういう風に表記していないところもあります。

    表記のされ方として

    H(Height)これは高さのことです。
    一般的には床から背もたれまでの高さを表しています。

    W(Width)これは幅のことです。
    肘掛の部分の外側から、反対の肘掛の外側までの幅を表します。

    D(Depth)これは奥行きのことです。
    一般的に座る部分の始まりから背もたれの裏までの長さを表しています。

    Sh(Seat)床からシートまでの高さを表しています。

    これらの意味は一般的なものを説明したつもりですが、扱っているメーカーやお店によって、多少変わってくることがあります。
    リクライニングするタイプのソファの場合だと奥行きの長さも変わりますので注意しましょう。リビングに最適なインテリア、ソファとするためにもH/W/D/Shの3点を踏まえ、間違いのないソファやリクライニングを選ぶようにしましょう。

    Favorite

    結婚式 司会
    http://www.angelzip.co.jp/
    商標登録 出願
    http://www.tmsp.jp/
    風船アートの教室
    http://www.balloonworld.jp/school/

    Last update:2016/6/1

     

     

     

       
    Copyright(c) S&S All rights Reserved